中之島運動器研究会
枚方市長尾元町2丁目1-21
枚方市整形外科TEL 072-857-0515
中之島運動器研究会について
世話人 医療法人誠幸会 わだ整形外科クリニック  和田 誠
勤務医で働いている時は、手術が主になっておりましたが、クリニック開業後、手術的治療しかないと思われる症例でも、疼痛の原因が骨の変形ではなく、筋組織や筋腱付着部による場合があり、リハビリテーションを行うことで症状が治癒したというような症例を数多く経験しました。医師は診療時間が限られており、こうした運動器の評価まで至りません。
 
理学療法士をはじめとしたセラピスト、コメディカルの方々と連携することにより、疼痛の評価、運動連鎖をはじめとした病態を的確に把握することが治療の要となります。
この会は、職種の垣根を越え、気楽に交流しながら楽しく学べる場として発展していければと考えております。
中之島運動器研究会への思い
世話人  大工谷新一 
運動器疾患のリハビリテーションでは,整形外科医師,看護師,理学療法士などのリハビリテーション専門職,義肢装具士などが協力しながらチームとして対応していくことが重要です.他に,高齢の患者さんに対しては介護支援専門員,介護福祉士などの介護専門職,スポーツ選手においてはアスレティックトレーナーや指導者などが,様々な立場で各々の専門性,特性を活かして関わっていかねばなりません.
 
中之島運動器研究会は,医師やリハビリテーション専門職など様々な立場で運動器疾患に対応している方々が集まって交流する場でありたいと思っています.資格を超えた関係のなかで,情報や知識,技術のoutputとinput,時には臨床での悩みも共有しながら研鑽していきたいと思っています。
第5回中之島運動器研究会が無事終了しました。
今回は、特別講義として、済生会奈良病院の松井智裕先生に筋腱移行部のメカニズムなど最新の知見など、流行の超音波所見なども織り交ぜてお話いただきました。
その後、超音波ハンズオンとして、実際に足底腱膜炎・足関節外側靭帯損傷・腓腹筋肉離れの超音波法を勉強しました。
そして、最後に「筋・腱付着部障害の評価、理学療法・予防」についてグループに分かれディスカッションしました。
筋腱移行部とwrap around部、付着部の病態と考え方の整理ができました。
また、筋腱付着部障害の理学療法への遠心性収縮を利用した理学療法の考え方についてグループディスカッションができ実りが多かったと思います。
ある開業医の先生は、この研究会終了後、すぐに超音波をご購入になられたようです。
第4回運動器研究会が無事終了いたしました。
森本先生の野球肘のお話に皆さん熱心に聴き入っておられました。
また、車いすフェンシングの日本代表の櫻井さんが登場して下さり、パフォーマンスを上げるために持っておられる悩みを共有いたしました。
その後のグループワークでは、スポーツ傷害に罹患した選手の運動器リハビリ特にセルフエクササイズに対する管理をどのように行うか、指導者との連携をどのように行うか、について、ディスカッションしました。
日ごろの皆さんの工夫が伝わってきました。
途中の余興では、医師、理学療法士のみなさんの笑顔がよかったです。。。」
 次回開催のご案内
日 時:2017年11月11日(土曜日) 18:00〜21:00
会 場:AP大阪淀屋橋 3階 「H.I.ルーム」
第6回は、
@理学療法士の目線から超音波を用いて運動器を評価する。
A整形外科医師の目線から超音波を用いての運動器インターベンション治療の2点をテーマに充実した会にしたいと考えております。
@として理学療法士で森ノ宮医療大学講師の工藤慎太郎先生に臨床で応用できる理学療法士のための超音波評価法を実症例を提示しながら話していただきます。
Aとしては、日常の整形外科診療のインターベンション(頚部ブロック・膝関節注射)を永野先生と和田の演題で考えていただき、その後実際にハンズオンでご確認いただければと思います。
いつものように堅苦しくない気軽に発言できる場を考えております。
ご多忙中とは存じますが、何卒ご参加頂けますようお願い申し上げます。
詳しくはPDFで御覧ください
Copyright (C) 2014 Wada Orthopaedic Clinic All Rights Reserved.
大阪府枚方市長尾元町2丁目1番21号 TEL072-857-0515 医療法人社団誠幸会 わだ整形外科クリニック